about

山の中で、染め、織、をして、その布を洋服、バッグ、小物などに仕上げています。
藍・柿渋・草木・墨・泥などによる自然素材をおもに用いています。
藍染は、徳島産すくもを使用しています。
藍染の型染めは、ノリ置きではなく、抜染ノリによって、模様を出しています。
柿渋染めは、
自家製の冬青の葉っぱを発酵させた液で染めて、
その後、柿渋による染めを、数ヶ月かけて行っています。
他、
墨染、泥染、ベンガラ染め、草木染め、
多色を出したい時は、たまに化学染料を使用することもあります。

なるべく自分で染めたものあるいは、織ったオリジナル布で、洋服やバッグ、
靴下、ストールなどを作るようにしていますが、
たまに、着物地や市販布を使うこともあります。

  • Home
  • About
  • Blog